Vagrantで仮想環境を構築する

VM用のディレクトリを作成します。

$ mkdir ~/work/vagrant


Vagrantfileを生成します。
minimalオプションは、コメントなどが書かれていない最小のVagrantfileを生成させます。
ubuntu/xenial64は、Vagrant Cloudに公開されているUbuntu公式Boxの名前です。

$ cd ~/work/vagrant
$ vagrant init --minimal ubuntu/xenial64


Vagrantfileを編集します。

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.define 'web' do |web|
    web.vm.box = "ubuntu/xenial64"
    web.vm.hostname = 'web'
    web.vm.network 'private_network', ip: '192.168.10.100'
  end
end


vmを起動します。

$ vagrant up


sshを使って、vmにログインします。

$ vagrant ssh web