ひこたろうのシンプルライフ

ひこたろうのブログです。 毎日、コツコツ勉強しているときに気づいたことを適当に書いています。

Laravelをインストールする [macOS]

1. Composerのダウンロード
Composerダウンロードサイトからcomposer.pharをダウンロードします。

f:id:hikotaro_san:20181129222500p:plain


2. /usr/local/binに配置
ダウンロードフォルダに保存されたcomposer.pharファイルを/usr/local/bin以下に移動します。

$ sudo mv ~/Downloads/composer.phar /usr/local/bin/composer


3. パーミッションの設定
配置したomposerのパーミッション(アクセス権限)を変更します。

$ chmod a+x /usr/local/bin/composer

以下のコマンドを実行し、バージョンが表示されれば、正常にインストールできています。

$ composer -V


4. Laravelのインストール
以下のコマンドを実行し、Laravelをインストールします。

$ composer global require "laravel/installer=~1.1"


5. 環境変数PATHの設定

$ echo "export PATH=~/.composer/vendor/bin:$PATH" >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

CentOS7 最新バージョンのGitをインストールする

wgetをインストールします。

# yum -y install wget

Gitの導入に必要なツールをインストールします。

# yum -y install gcc curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel

Gitのソースコードをダウンロードし、解凍します。
最新のバージョンは、Gitのサイトで確認してください。
こちらのサイトで、確認したバージョンのファイルパスを取得します。(マウス右クリックでリンクのアドレスをコピー)

# cd /usr/local/src/
# wget https://mirrors.edge.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.19.1.tar.gz
# tar xzvf git-2.19.1.tar.gz

makeコマンドで、インストールします。

# cd git-2.19.1
# make prefix=/usr/local all
# make prefix=/usr/local install
# source /etc/profile

Gitのバージョンを確認します。

# git --version
git version 2.13.3

以上で、Gitのインストールは終わりです。

VirtualBox CentOS7 ホストPCからSSH接続する

rootユーザーでログインし、nmtuiコマンドを実行します。
nmtuiは、NetworkManager Text User Interfaceの略です。

NetworkManagerが表示されます。
[ Edit a connection ] を選んで、Enterキーを押してください。
f:id:hikotaro_san:20181110064559p:plain

[ enp0s3 ] を選択し、Enterキーを押してください。
f:id:hikotaro_san:20181110064729p:plain

[ IPv6 CONFIGURATION ] で 「Ignore」を選択し、[ Automatically connect ] をチェックしてください。
[ OK ] を選んで、Enterキーを押してください。
f:id:hikotaro_san:20181110064949p:plain

次に、[ enp0s8 ] を選択し、Enterキーを押してください。
[ IPv4 CONFIGURATION ] で 「Manual」を選択し、[ Addresses ] にIPアドレスを入力してください。
f:id:hikotaro_san:20181110065106p:plain

[ IPv6 CONFIGURATION ] で 「Ignore」を選択し、[ Automatically connect ] をチェックしてください。
[ OK ] を選んで、Enterキーを押してください。
f:id:hikotaro_san:20181110065416p:plain

[ Back ] を選択し、Enterキーを押してください。
f:id:hikotaro_san:20181110065451p:plain

[ OK ] を選択し、Enterキーを押してください。
f:id:hikotaro_san:20181110065526p:plain

NetworkManager を再起動します。
f:id:hikotaro_san:20181110065621p:plain

ホストPCでTerminalを起動します。
sshコマンドを実行し、仮想マシンCentOSSSH接続します。

ssh hikotaro@192.168.56.11

CentOS7 最新のGolangをインストールする

Golang公式サイトのダウンロードページから最新バージョンのアーカイブファイルをダウンロードします。

[root@localhost ~]# curl -L -O https://dl.google.com/go/go1.11.2.linux-amd64.tar.gz

ビルド済みのファイルがアーカイブされているので、展開してパスを設定します。

sudo tar -C /usr/local -xf go1.11.2.linux-amd64.tar.gz
echo 'export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin' >> ~/.bash_profile

環境変数GOPATHを設定します。

echo 'export GOPATH=$HOME/go' >> ~/.bash_profile

作業ディレクトリを作成します。

$ cd
$ mkdir -p ~/go/{src,bin,pkg}
$ mkdir -p ~/go/src/github.com/[username]/[repository name]

go getでインストールしたコマンドのためのパスを設定します。

echo 'export PATH=$PATH:$GOPATH/bin' >> ~/.bash_profile

以上で、goのインストールは終わりです。

VirtualBox CentOS7をインストールする

1.CentOS7のダウンロード
ブラウザでCentOSのダウンロードページにアクセスします。
[ DVD ISO ] をクリックします。
f:id:hikotaro_san:20181108183404p:plain

ダウンロードサイトのリンクの一覧が表示されます。
好きなリンクをクリックして、CentOS7をダウンロードしてください。
f:id:hikotaro_san:20181108183608p:plain

2.CentOS7のインストール
VirtualBoxを起動してください。
[ CentOS7 ] を選択し、[ 起動 ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181109055022p:plain

CentOS7のインストールファイルの場所を設定する画面が表示されます。
1.でダウンロードしたファイルを選択し、[ Start ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181109060645p:plain

CentOS7のインストール画面が表示されます。
Enter キーを押してください。
ディスクのチェックが始まります。

しばらくすると、言語の選択画面が表示されます。
[ 日本語 ] を選択し、 [ 続行 ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181109060802p:plain

インストールの概要画面が表示されます。
[ インストール先 ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181109061116p:plain

インストール先画面が表示されます。
[ 完了 ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181109061203p:plain

[ インストールの開始 ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181109061116p:plain

インストールが始まります。
f:id:hikotaro_san:20181109061349p:plain

[ ROOTパスワード ] をクリックしてください。
rootユーザー(システム管理者)のパスワードを入力し、[ 完了 ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181109061441p:plain

[ ユーザーの作成 ] をクリックしてください。
一般ユーザーを作成します。
ユーザー名、パスワードを入力し、[ 完了 ] をクリックします。
f:id:hikotaro_san:20181109061541p:plain

しばらくすると、インストールが終わります。
[ 再起動 ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181109061750p:plain


以上で、CentOS7のインストールは終わりです。

VirtualBox 仮想マシンを作成する CentOS7

VirtualBoxを起動します。
VirtualBox マネージャー画面が表示されます。
[ 新規 ] ボタンをクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181108184112p:plain

仮想マシンの名前とタイプ、バージョンを入力します。
タイプは「Linux」、バージョンは「Red Hat(64-bit)」を選択してください。
f:id:hikotaro_san:20181108184158p:plain

モリーサイズを設定します。
複数のソフトウェアやメモリを多く必要とするソフトウェアを動かす場合、4096MB以上を割り当ててください。
f:id:hikotaro_san:20181108184539p:plain

仮想マシンのディスクを設定します。
[ 作成 ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181108185158p:plain

ハードディスクのファイルタイプ選択画面が表示されます。
デフォルトの「VDI」のまま、[ 次へ ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181108185216p:plain

物理ハードディスクにあるストレージ選択画面が表示されます。
「可変サイズ」を選択し、[ 次へ ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181108185234p:plain

ファイルと場所とサイズ入力画面が表示されます。
デフォルトは「8GB」です。
「16GB」と入力し、[ 作成 ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181108185257p:plain


以上で、仮想マシンの作成は終わりです。

Mac OSXにVirtualBoxをインストールする

1. VirtualBoxとは
VirtualBoxはオラクル社が提供している仮想マシンを実行するためのソフトウェアです。
仮想マシンとは、パソコンの中に、もう1台仮想的なパソコンを用意するものです。仮想マシンは複数台作ることもできます。

2. VirtualBoxのダウンロード
ブラウザでVirtualBoxのダウンロードページにアクセスします。
[ OS X hosts ] をクリックします。
f:id:hikotaro_san:20181108060700p:plain


3. VirtualBoxのインストール
ダウンロードしたファイル(VirtualBox-5.2.20-125813-OSX.dmg)をダブルクリックします。

メニュー画面が表示されます。VirtualBox.pkgをダブルクリックします。
f:id:hikotaro_san:20181108062755p:plain

インストール画面が表示されます。[ 続ける ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181108062446p:plain

[ インストール ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181108062433p:plain

インストールが始まります。 しばらくお待ちください。
f:id:hikotaro_san:20181108062420p:plain

インストールが終わったら、インストールの完了画面が表示されます。[ 閉じる ] をクリックしてください。
f:id:hikotaro_san:20181108062957p:plain

ダウンロードしたファイルを削除するか、聞かれます。 [ 残す ] をクリックしてください。
ダウンロードしたファイルは、VirtualBoxをアンインストールする時に使います。 削除しないでください。
f:id:hikotaro_san:20181108063005p:plain


以上で、VirtualBoxのインストールは終わりです。